人事ブログ

いまや接客業において英語は必須のスキルです

皆さんは外国人と接する機会があったとして、とっさに受け答えをすることが出来ますか?
もちろん英語がペラペラに話せるに越したことはありませんが、そうでなくてもその場をそれなりにスマートに乗り切れる程度にはしておきたいですよね。

 

観光地では年々海外からの観光客が増える一方ですし、観光客だけでなく日本在住の外国人も今ではたくさんいます。
そのような環境の中、海外での勤務はもちろんのこと国内においての接客業でも基本の英会話は必須のスキルといって良いでしょう。

特にその重要性が求められるのは、「金銭のやりとりが発生するレジなどの周辺での接客」「お客様が不満を抱えている際のクレーム対応」などの場面です。

 

英語には敬語が無いとされていますが、実際はそんなことはありません。接客の際に使うことが出来る丁寧な英会話はありますし、何より大事なことは「心のこもったおもてなしの心」があっての接客だということを忘れてはなりません。
シンプルに、かつ丁寧な英会話を覚えて、外国人のお客様にもおもてなしの心が伝わる接客を目指しましょう。

では早速例文をまじえてお話しを進めていきましょう。

 

接客 外国人

 

接客に役立つ英会話集

 

こんな時はこんな言い回しを使おう

 

■お客様に一番最初にする接客の基本中の基本「いらっしゃいませ」

→Hi, there! How are you?
レストランやカフェ、アパレルなど色々なシーンに使えるオールマイティな言い方です。

 

■注文を取るときの言い回し

「ご注文は何にしますか?」
→Hi, what can I get for you?

「注文をお取りしてよろしいですか?」
→May I take your order?

「ご注文はお決まりですか?」
→Are you ready to order?

 

 

■確認の言葉をプラスするとき

まずはシンプルに「他に何か必要ですか?」「それで全てですか?」
→Anything else?

もう少し丁寧な言い回し
→Would you like anything else?

さらに丁寧な言い回し
→Is there anything else I can do  for you?

 

 

■少々お待ち下さい。
Just a second, please. / Just a moment, please.

※「Just」を「Wait」にしても良いです。「Just」を使った場合は「今は、ちょっと手が離せませんが、すぐに対応いたします。」というニュアンスです。

もう少しかしこまった言い回し
→Could you wait a moment here please.

※Could you ~ please?(~して頂けますか?)はとても丁寧な言い回しなので、接客英語として様々なシーンに対応できます。

 

 

■はい、どうぞ。

→Here you are.  / Here you go.

 

■こちらが~です。

→Here is your~

具体例
「こちらがお会計になります。」
Here is your bill.
「こちらがおつりになります。」
Here is your change.

 

■もちろんです。

「~してくれませんか?」
→Can you~? / Could you~?

「~してもいいですか?」
Can I ~? Could I ?

※~してもいいですか?と聞かれて、yesプラスアルファで、、、
Sure! / Of course!
これを笑顔で付け足したらばっちりです○

 

■お会計を渡すとき

例文
「お会計は20ドルでございます。」
→That will be $20.

「お会計は全部合わせて20ドルです。」
→That’s $20all together.

 

 

■接客で大事なのは最初と最後です。
お客様が笑顔で帰れるようにこちらも笑顔いっぱいの挨拶をしましょう。

「ありがとうございました。」
→Thank you so much.

「良い1日を。」
→Have a good day!

 

■更にThank you にプラスアルファで見送りしたい言葉

ディナータイムなら、、、
「おやすみなさい」
→Have a good night!

「またね!」
→See you later!

「またすぐ会いましょう」
→See you soon!

 

接客 英語 ジェスチャー

 

 

シーン別に応用しよう

 

■こちら側が何かをしたい時「May I ~○○?」
例文
→May I help you?(いらっしゃいませ。/ 何かお手伝いしましょうか?)
→May I have your name?(お名前をちょうだいしてもよろしいですか?)
→May I ask your name, please?(お名前をお伺いしてもよろしいですか?)

 

■お客様に何かをしてもらいたい時「Could you ~○○?」
例文
→Could you hold the line, please?(このまましばらくお待ちいただけますか?)
→Could you come this way, please?(こちらへどうぞ。)

 

■お客様の好みなどを聞きたい時「Would you ~○○?」
例文
→Would you like to have some water?(お水をお持ちしましょうか?)

 

■お客様をお呼びするときは年齢問わず以下のような呼び方にしましょう。
男性のお客様=Sir.
女性のお客様=Ma’am./Ms.

 

■分からない事を聞かれた場合 「I don’t know.」は決して言ってはなりません。
以下のような言い回しが望ましいです。
例文
→Just a moment, please. I’ll check that for you.
(少々、お待ちください。 今、お調べいたします。)

 

■謝罪をする時
→We are very sorry for the mistake.(間違いまして申し訳ございません)
→I’m afraid we don’t have ~. (恐れ入りますが、あいにく~がございません。)

 

■どうしても、お客様の英語が聞き取れなかった時
→Pardon me?(もう一度、言っていただけますか?)
→Could you repeat that, please?(もう一度、繰り返していただけますか?)
→Could you speak slowly, please?(ゆっくり話していただけますか?)
と、お願いしましょう。

 

いかがでしたでしょうか?「英語」「外国人」と聞いたでけで苦手意識を持ってしまう人も多いかと思いますが、流暢に完璧に話せるようになる必要はないのではないでしょうか?
ある程度よく使われるパターンさえ覚えてしまえば、あとは相手が日本人であれ外国人であれ大事なのは「おもてなしの心」なのです。

 

日本のおもてなしの心が世界でも評価されているのは、相手を思いやり尽くす心、そんなサービス精神にあるのだと思います。

 

つたない英語であっても、相手を思いやりジェスチャーで伝えることはできますし、そうやって伝えようとすることこそが「おもてなしの心」となるはずなので、もしそんな場面に遭遇した時は自信をもって接客してみましょう。

アーカイブ

RECRUIT

一緒に働く仲間を募集しています